木の家におけるシロアリについて解説します!注文住宅を建てる際の参考に!

注文住宅で木の家をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、シロアリについてです。
シロアリは、繁殖力が強く、住みつかれたままにしておくと、大きな被害になる可能性があります。
そこで、今回は木の家におけるシロアリについてご紹介します。

□家にシロアリがいる可能性があるサインとは?

羽アリが家の中で飛んでいた場合は注意が必要です。
シロアリは、種類により時期は異なりますが、4月から7月頃までにかけて、巣別れを行います。
そのため、近くにシロアリの巣がある可能性があります。
家の中で大量の羽アリが飛んでいた場合は、家の中に巣を作られている可能性が高いため、早急に対応する必要があります。

また、近所でシロアリの駆除をしていた場合も注意しましょう。
シロアリは羽アリとして飛んで移動する以外にも、地中に穴を堀ることで移動する場合もあります。
シロアリは雑食性で木の家以外にも住み着く可能性があるため、近所に木造住宅がない場合も気をつけましょう。

続いて、床や建具の違和感にも注意しましょう。
シロアリは木の内部から食べ始めるという習性を持ちます。
そのため、柱や床をシロアリが食べた場合でも、見た目には変化がなく、被害があることが中々確認できません。
木の内部が空洞になると、床や建具に歪みが生じ、床を踏むたびに音が生じたり、ドアや窓の開閉がしにくくなったりする可能性があります。

床にフンや木くずを見つけた場合は、注意しましょう。
シロアリは、木材の外に出たり木を食べたりする際に、砂のようなフンや細かな木くずを落とします。

さらに、家の中や床下で蟻土や蟻道を発見した場合は、注意しましょう。
シロアリは光や風を嫌うため、木材の継ぎ目や割れ目を通る時などに土砂や排出物を盛り上げたり詰めたりすることで通り道を作ります。

□シロアリが好む木と嫌いな木の特徴とは?

シロアリが好む木は、マツやモミなどの柔らかい木です。
建材だけではなく、庭にマツやモミの木が植えてある場合は、シロアリが巣を作る可能性があります。

シロアリが嫌う木は、ケヤキやヒノキなどです。
これらの木には、シロアリが嫌う成分を含むため、シロアリに食べられにくくなるでしょう。

□まとめ

今回は、木の家におけるシロアリについてご紹介させていただきました。
大切な木の家を守るためには、きちんと防蟻施工を行うことをおすすめします。
注文住宅で木の家をお考えの方、何かお困りのことがありましたら、当社にお気軽にご相談ください。

自然素材の家をご存知ですか?メリットを詳しくご紹介します!

注文住宅をお考えの方、自然素材の家をご存知ですか。
近年では、自然素材を使用した家の人気が高まっています。
そのため、今回は自然素材の家のメリットについてご紹介します。

□自然素材の家とは?

自然素材の家とは、化学物質を含まない素材で建てた家のことを指します。
主に天然リノリウムや漆喰、セルロースファイバー、珪藻土、コルク材、無垢材などの素材を使います。
アレルギー体質の方や肌が弱い方は、化学物質を含む素材を使用している家ではシックハウス症候群や化学過敏症候群にかかる可能性があります。
そのため、自然素材を使用することで発症の危険性を軽減できます。

また、自然素材の家は、長く住むことで素材がなじむという特徴があります。
家を建てる際は、自分のイメージや他者からの提案だけで決めずに、実際の生活との兼ね合いを具体的に考えることで、素材の温もりをより感じられるでしょう。

□自然素材の家のメリットについてご紹介します!

化学物質を含む素材で家を建てると、アレルギーやアトピーの原因となったり、その症状が酷くなったりすることがあります。
また、目や喉への刺激症状が出るシックハウス症候群になったり、頭痛やめまいなどの症状に悩んだりする可能性もあります。
しかし、自然素材を使用することで、これらの被害がなくなります。
さらに、自然の温もりを感じ、香りや見た目によるリラックス効果も期待できます。

自然素材の家は、保温性や断熱性が高まります。
特に、無垢材や珪藻土などの自然素材は、調湿効果を持っています。
また、無垢材などの木材は、性質を生かして設計すると、より断熱性や保温性が高まります。
湿気が室内にたまらず、外気の熱や冷気を遮断するので、夏場は涼しく、冬場は暖かく保てます。

自然素材の家は、経年劣化を楽しめます。
家が完成してから住めば住むほど味わいが出てきます。
さらに、伝統的な日本家屋の天然木でできた梁などのように、使い込まれるほど自然な良い味わいへと変化します。

自然由来の素材は、人に優しいだけでなく、自然と調和するため、環境を汚しません。
そのため、非常に環境に優しいと言えるでしょう。

□まとめ

今回は、自然素材の家のメリットについてご紹介させていただきました。
自然素材は、安全なため、長い人生を過ごすには最適でしょう。
皆様も自然素材にこだわって家作りをしてみてはいかがでしょうか。
自然素材の家をお考えの方で何かお困りのことがありましたら当社にお気軽にご相談ください。

自然素材の家をお考えの方へ!素材の種類について解説します!

自然素材の家をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、素材の種類です。
人にも環境にも優しいため、気持ち良く生活できます。
そこで、今回は、自然素材の家で使われる主な素材について詳しく解説します。
自然素材の家をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□自然素材の家で使われる主な素材とは?

自然素材の家で使われる主な素材は、無垢の木材と内装材である漆喰や珪藻土などです。

無垢材とは、天然の木を乾燥させてつくった木材です。
主に床のフローリング材として使われますが、建材として様々な部分で使用されます。
無垢材には、天然木の特徴として節がありますが、節が無い床材もあります。
針葉樹であるヒノキやスギは柔らかいのが特徴です。

反対に、広葉樹であるナラやケヤキなどは固いのが特徴です。

漆喰や珪藻土は、塗り壁の仕上げに使われる内装材です。
どちらも耐火性に優れています。
特に、珪藻土は調湿性に優れているため、機能性が高く、人気な素材です。
また、どちらも独特な模様をつけられるため、こだわりの壁に仕上げたい方にはぴったりでしょう。

木材や内装材以外にも、断熱材や接着剤などに自然素材を使用している場合があります。
断熱材であればセルロースファイバーやウール、コルクなどを使用します。
接着剤には、膠や米糊などが使われます。

□自然素材の家で後悔しない3つのポイントとは?

自然素材の家を購入するにあたって後悔しないために3つのポイントをご紹介します。

1つ目のポイントは、長く住むとキズや汚れは出るものと考えることです。
自然素材は、化学物質を含む素材と比べてキズや汚れが生じやすいです。
自然素材の家は、キズや汚れは多少は仕方がないと考え、神経質になりすぎないことが大切です。
キズや汚れも家族の思い出や成長の証として捉え、家のアクセントに変えましょう。

2つ目のポイントは、素材選びにこだわることです。
家は長い人生を暮らすため、後悔しないように素材選びには時間をかけましょう。
本やインターネットを使ったり、専門の業者に聞いたりして情報を詳しく調べましょう。
購入した素材が、自然素材ではないというケースもあるため、十分に注意しましょう。

3つ目のポイントは、予算内でできる限り自然素材を使うことです。
自然素材は、他の素材と比べると、高額で素材によっても価格が変わります。
塗料や接着剤、断熱材などの多くの素材を自然素材にすると予算を超えてしまう可能性があります。
そのため、一部の素材に化学物質が含まれたものを使用するなどで予算とのバランスをとりましょう。

□まとめ

今回は、自然素材の家で使われる主な素材について詳しく解説させていただきました。
自然素材の家をお考えの方で何かお困りのことがありましたら、ぜひ当社にお気軽にご相談ください。

マイホームでお悩みの方必見!購入するタイミングについてご紹介します!

マイホームを購入したいが、買うタイミングを迷っているという方は多いのではないでしょうか。
この記事では、家をいつ購入するべきかを紹介します。
家を購入する前に、ぜひ参考にしてみてください。

□家を購入する人の多くは30代後半~40代前半!

家を購入する方の80%以上は30代後半~40代前半です。
また、家を購入した時の平均世帯年収は住宅種別に異なります。
中古物件の場合の平均年収は670~715万円ほどで、新築の場合は700~840万円ほどです。
一般的に、戸建て住宅よりもマンションを購入した世帯の平均年収が高い傾向にあります。

□家を買うタイミングはいつ?

多くの方が家を購入するタイミングを4つ紹介します。

1つ目は、結婚したタイミングです。
家を購入するタイミングとしては、一番多いタイミングです。
パートナーと将来のライフプランを考えながら、どのような家にするかを選べるため、絶好のタイミングでしょう。
住宅ローンを組む場合は夫婦でペアローンも組めます。

若い年齢で家を購入する場合も、定年前に余裕をもってローンを返済できます。
しかし、将来的に夫婦のどちらかが転勤や転職をして引っ越したり、子どもができて子ども部屋が必要になったりする可能性もあります。
そのため、家を選択する際は、将来の住み替えの可能性も視野に入れておきましょう。

2つ目は、出産したタイミングです。
このタイミングに家を購入することで、将来的に子どもが通う学校の学区や教育環境を意識して選択できます。
周辺環境の治安や公園や病院などの公共施設が整っているか、子育てがしやすいかを確認しましょう。
また、将来の子ども部屋の間取りなども考えることをおすすめします。

3つ目は、子どもが進学したタイミングです。
子どもを遠くにある私立や有名な学校に通わせたい場合に進学のタイミングで家を購入することも多いです。
特に有名な学校の学区は、人気な土地が多く、資産価値が落ちにくい傾向にあります。
そのような土地は治安が良く、教育環境が整っている場合が多い反面、土地代がかさむ傾向にあるため、十分に検討してから購入しましょう。

4つ目は、子どもが独立したタイミングです。
子どもが大学に進学したり、社会人として一人暮らしを始めたりする時に家を購入する場合があります。
この場合は、老後の生活を視野に入れて購入しましょう。
年金がいくらもらえるか、月々の支出はいくらか、などを考慮して購入することをおすすめします。

□まとめ

今回は、家を購入するタイミングについてご紹介させていただきました。
家を購入することは、人生において大きな節目となります。
お客様が満足する家を提供できるように全力でサポートさせていただきますので、お気軽に当社にご相談ください。

注文住宅を建てる際のトラブルとは?対策方法も合わせて紹介します!

「注文住宅で素敵なマイホームを叶えたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
しかし、注文住宅では自由度が高い反面、イメージと異なっていたり、工事ミスがあったりする可能性がゼロではありません。
そのため、今回は注文住宅でよく起きるトラブルとその対策についてご紹介します。

□トラブルの例を4つ紹介します!

注文住宅でよく起きるトラブルは、近隣住宅からのクレームです。
施工中の騒音や大工さんの話し声、施工中に空気中にゴミやホコリが舞うこと、業者の車が道を塞ぐことなどが問題になります。
特に住宅の工事は基本的に昼間に行うため、専業主婦の方からのクレームが多いです。
今後の近所付き合いを考えると、注意すべき点の一つでしょう。

予定していた工事よりも遅れてしまうトラブルもよくあります。
施工業者の問題で、工事が遅延する場合が多いです。
着工後に施主から変更指示が多いと工期遅延につながりやすいので、注意しましょう。
また、地震などの災害が起きたり、悪天候が続いたりすると、工期遅延になります。

注文住宅は、住宅を引き渡した後に、イメージと異なると発覚するというトラブルもあります。
注文住宅は施主と施工業者の打ち合わせをすることで、間取りや外観などの設計書を作成します。
施主と施工業者のイメージに違いがあると、イメージと違う住宅が完成してしまう可能性があります。

設備の不具合により住みにくく感じたり、施工ミスが後に発覚したりするトラブルもあります。
ドアや床に傷があったり、壁や外装に剥がれや色むらがあったりする場合があります。

□トラブルの解決策をご紹介します!

注文住宅で起きるトラブルの原因の多くは、施主と施工業者とのコミュニケーションと内容確認の不足です。
そのため、住宅のイメージは写真などを使って具体的に伝えたり、メモをとりながら打ち合わせをしましょう。
電話で話した内容も記録しておくと良いでしょう。
追加工事やオプションに、費用がどのくらいかかるのか確認しましょう。

工事の工程表をもらい、進行に遅れがないか確認したり、工事現場に足を運び、進行具合や内容を確認したりすることも大切です。
また、近隣住民とのトラブル対策には、工事が始まる前にあいさつしておくことが良いでしょう。
粗品を持参して訪問し、工事日程などを伝えておきましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅でよく起きるトラブルとその対策についてご紹介させていただきました。
大きなトラブルになる前に気付いて対応することが重要です。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

注文住宅をお考えの方必見!高気密高断熱のメリットとデメリットを解説します!

注文住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、高気密高断熱についてです。
高気密高断熱の家にすると、快適な生活を送れます。
そこで、今回は高気密高断熱の家にするメリットとデメリットについてご紹介します。

□高気密・高断熱の家にするメリットをご紹介!

高気密、高断熱の家は、光熱費が安くなります。
外気の侵入を防ぎ、室内の空気を外に逃しません。
冷暖房を効率よく利用することで、夏場は涼しく、冬場は暖かくできます。
また、室内の温度を保てるため、冷暖房の利用頻度が下がり、電気代を節約できます。

断熱性の高い家では、室内の温度差を小さくできます。
急激な温度変化の心配がなく、リビングは暖かいが、他の部屋では寒いという状況にはなりません。
それにより、寒い日にお風呂場で引き起こる急な温度変化によるヒートショックの対策ができます。

気密性が高い家は、壁に隙間がないため、外の騒音を軽減できます。
さらに、外気の温度を断熱できる家では、冬場に窓などでよく見られる結露が発生しにくくなります。
結露は、ダニやカビの原因にもなるため、注意が必要です。
結露を防止することで家を長持ちさせることにつながります。

気密性が高い家ほど効果的に換気ができます。
近年では、24時間換気システムが搭載されているため、室内の空気の循環に問題はありません。
換気がしっかりと行えると、居住者がシックハウス症候群になるリスクも低くなります。

□高気密・高断熱の家にするデメリットをご紹介!

高気密・高断熱の家では、壁内結露のリスクが高まります。
壁内結露は、壁に断熱材を入れる時に、柱と断熱材の間に小さな隙間ができると、発生しやすくなります。
そのため、工事は手作業で行われるため、施工ミスが起きやすいのが特徴です。
リスクを最小限に抑えるためにも、ぜひ高気密・高断熱の家づくりに慣れている当社にご依頼ください。

高気密の家は、外気の影響を受けにくいため、室内に空気がこもりやすいです。
そのため、ハウスダストが発生した場合、室内に長時間ため込んでしまう可能性があります。
しかし、2003年以降に建てられた住宅には24時間換気システムの設置が義務付けられているため、意図的にこの換気システムを停止させなければ問題ありません。

□まとめ

今回は、高気密・高断熱の家にするメリットとデメリットをご紹介させていただきました。
高気密高断熱の家をお考えの方、何かお悩みがありましたらお気軽に当社にご連絡ください。

注文住宅をお考えのあなたへ!2階トイレのメリットとは?

2階にトイレを作るメリットやデメリットをご存知ですか。
注文住宅に絶対に必要なわけではありませんが、人によっては2階にトイレを作ることで、生活が快適になる場合があります。
そこで今回は、2階にトイレを作るメリットやデメリット、そして快適なトイレを作るポイントをご紹介します。

□2階にトイレを作るメリットとデメリットとは?

まずはメリットとデメリットを2つずつご紹介します。

*2階トイレのメリットとは?

1つ目のメリットは、毎朝のトイレ渋滞を緩和できることです。
お子様が学生でご両親が共働きの場合など、通勤や通学の時間が重なってしまうとトイレの利用時間まで重なってしまいがちです。
こんな時に2階にトイレがあることで、朝からストレスを感じずに済みますね。

2つ目のメリットは、夜中のトイレが安全なことです。
お子様の子供部屋を2階に設けてトイレは1階だけといった場合は、夜中にお子様がトイレに行く時に、寝ぼけて階段で怪我をしてしまうリスクがあります。
そのため、2階にトイレを設けておけば、怪我の心配はいりませんね。

*2階トイレのデメリットとは?

1つ目のデメリットは、掃除する場所が増えてしまうことです。
単純にトイレの数が増えれば掃除場所が増えるので、家事の負担になってしまいます。

2つ目のデメリットは、費用がかかることです。
当然、設置や手入れ、修理に費用がかかってしまうため、お財布との相談も必要ですね。

□快適なトイレを作るためのポイントとは?

2階にトイレを作るだけでは、まだ完全に快適なトイレだとは言えません。
ここでは、快適なトイレを作るための3つのポイントをご紹介します。

1つ目は、窓の設置にこだわることです。
トイレが暗くなりすぎないように窓を設けることはとても大切ですが、隣の家からトイレの中が見えない間取りを考えることが大切です。

2つ目は、収納場所を考えることです。
2階のトイレは広い収納スペースを設けにくいので、壁の一部を窪ませて棚を作るなどして工夫しましょう。

3つ目は、防音対策をきちんと行うことです。
特に女の子のお子様はお年頃になると音を気にされる方が多いため、トイレを作る際には防音対策にも力を入れることをおすすめします。

□まとめ

今回は、2階トイレについてや快適なトイレを作るポイントをご紹介しました。
2階トイレが魅力的だと思われた方は、注文住宅を建てる際に検討してみてはいかがでしょうか。
その際にお困り事がございましたら、ぜひ当社にご相談ください。

注文住宅を検討中の方へ!簡単な節約ポイントをご紹介します!

注文住宅はお金がかかるものだと思い込んでいませんか。
実は注文住宅の購入には節約のポイントがあって、これを意識するだけでコストカットが期待できます。
そこで今回は、注文住宅でコストカットをしたい方へ、簡単な節約ポイントをご紹介します。

□注文住宅を建てる際の節約ポイントとは?

まずは、節約ポイントを踏まえた上で、注文住宅を建てる際にできる工夫を3つご紹介します。

1つ目は、間仕切りを減らすことです。
間仕切りを減らすことで、仕切りの壁やドアにかかってくる費用が節約できます。
さらに、空間を仕切らないことで部屋が広く感じられるので、お子様がいらっしゃる場合もおすすめです。

2つ目は、水回りの設備を近くに設置することです。
給排水管の設備を共有することで給湯器への負担が軽減されるため、水道代やガス代の節約ができます。
家事効率も上がるため、体力の節約にもなって良いですよ。

3つ目は、建物の形状を箱型にすることです。
この形状にすることで外壁材や下地材などの材料が少なく済みますし、工事の手間も省けます。
光熱費のコストダウンや建てた後の修繕もしやすいので、箱型はコストパフォーマンスが良い形状と言えます。

□節約をする際の注意点とは?

ここまで節約ポイントをいくつかご紹介してきましたが、実は節約には気をつけなければならない注意点があります。

1番の注意点は、維持費用です。
間仕切りをなくすなどは簡単に費用が削減できますが、維持費用が高いと長期的な節約ができているとは言えません。
建物を建てる際の費用を安く済ませても、住んでからの費用がかさんでしまうことがあるので、注意しましょう。

次の注意点は、メンテナンス費用です。
初期材料や設備に安価なものを用いて節約すると、メンテナンスの回数が増えてしまう可能性が高いため、初期費用だけに注目するのは良くないですね。

最後の注意点は、過度な値切り交渉は控えることです。
注文住宅は高価なので、値切り交渉をする方は多いでしょう。
しかしあまりに値下げを行うと、質の低い資材を使用せざるを得なくなってしまいます。
もしどうしても価格に納得がいかない場合は、ぜひ費用の詳細をお気軽にお尋ねください。

□まとめ

今回は、注文住宅のコストカットをしたい方に向けて、節約ポイントについてご紹介しました。
節約は長い目で見て計画的に行うことが大切です。
しかし、節約のしすぎで生活の快適さが失われないようにも注意することも大切です。
注文住宅の費用面などで心配事がございましたら、ぜひ一度当社にご相談ください。