注文住宅をお考えの方へ!ベランダの活用方法について紹介します!

注文住宅を建てる際には、各家庭によってこだわりのポイントがあると思います。
注文住宅で自分たちの理想をかなえるためには、細かいところまでじっくりと検討を重ねることが大切です。
その中でベランダを設置するのかしないのかを迷われている人は多いです。
そこで今回はベランダの活用方法について紹介します。

□ベランダの活用方法とは?

ここではベランダがどのように活用できるのかを紹介します。

1つ目は干場です。
ベランダと聞いて初めに思い浮かべられることと言えば、洗濯物の干場ではないでしょうか。
最近では洗濯物を乾かす乾燥機の利用も広くされています。

しかし、太陽光で干した洗濯物は紫外線による殺菌効果が期待できます。
風通しが良いと早く乾くことに加え、水分量が減り細菌の増殖が抑えられるというメリットがあります。

2つ目はエアコンの室外置き場です。
部屋にエアコンがある家庭には、大抵の場合、ベランダに室外機が設置されています。
理由としては、外から見えづらい上に配線が短くて済むためです。

3つ目は植物を育てる場所です。
ベランダはガーデニングプレイスとしても利用されます。
なにか植物を育てたいけど庭に植えるのには抵抗があるという方は、鉢植えがおすすめです。
床材を敷いた上に植物を並べると、一気に華やかになり、美しい空間を作れます。

しかし、レンガやタイルといった床材は重量があるため、大量に使用するとベランダの耐久性に影響が出てしまうかもしれません。
そのため、あくまでアクセント程度に抑えておくのが良いでしょう。

□ベランダを作る際に注意したいことについて知っておこう!

ここまではベランダの活用方法について紹介しました。
さまざまな活用方法があることはお分かり頂けたと思います。
ここからは注文住宅でベランダを作る際に注意したいことについて紹介します。

*水栓を設置する

ベランダでは外から飛んできた泥や砂がたまりやすいです。
周りに公園や畑などがある場合は、風によってかなり泥の影響を受けてしまいます。
そのため、このような場所には水栓があると非常に便利です。

*コンセントを付ける

ベランダにはコンセントがあると便利です。
いざコンセントを使いたいと思った時に、コンセントが設置されていないと、室内から延長コードで引っ張ってくることになります。
些細なところで不便さを感じないためにも、あらかじめ設置しておくと良いでしょう。
また、夜はベランダが暗く、コンセントに差しにくいため、照明も一緒につけておくと便利です。

□まとめ

今回はベランダの活用方法について紹介しました。
どのような用途で使われているのか、作る際の注意点について理解は深まったと思います。
今回の記事を参考にして理想の住宅を完成させましょう。
注文住宅でお悩みの方はぜひ一度当社にご相談ください。

PageTop