注文住宅を検討中のあなたへ!造作家具について解説します!

注文住宅を検討していると、造作家具という言葉を耳にされることがあるでしょう。
しかし、実際に造作家具がどのようなものかをご存じの方は少ないです。
そこで今回は、造作家具について詳しく解説します。

□造作家具とは?

造作家具とは、オーダーメイドで部屋に合わせて作ってもらう家具のことです。

造作家具の作り方は大工工事と家具工事に分かれています。
大工工事は現場で材料を組み立てるのに対し、家具工事は家具をあらかじめ作成してから完成品を住宅に持ってきて配置するのが特徴です。
そのため、大工工事はコスト軽減やサイズ調整の自由、家具工事はデザインの難しい精巧な作成が可能といったメリットがあります。

*造作家具の種類とは?

オーダーメイドで作れると言われても何を作れるのかわかりませんよね。
ここでは造作家具の例を3つご紹介します。

1つ目は、収納です。
サイズの調整が自由にできるため、希望の場所に収納を設置できます。

2つ目は、デスクです。
部屋の雰囲気に合わせたデザインで、お子様の勉強机をリビングに設けても良いでしょう。

3つ目は、ベッドです。
お子様の人数や自身の身長に合わせて作成することで、心地の良い睡眠が取れるでしょう。

□造作家具のメリット・デメリットとは?

「造作家具についてある程度理解できたが、実際にその家具は本当に良いものなのだろうか」
そのような疑問はありませんか。
ここでは、メリットとデメリットを2つずつご紹介します。

*メリットについて

1つ目のメリットは、スペースをうまく使えることです。
既存の家具を設置するとどうしても細かい隙間やスペースができてしまいます。
しかし、造作家具であれば設置場所にジャストサイズで作れるため、無駄なスペースがなくなります。

2つ目のメリットは、地震に強いことです。
作り付け家具の場合は壁に固定ができるため、地震で倒れてお子様が怪我をするといった心配がありません。

*デメリットについて

1つ目デメリットは、時間とコストがかかることです。
造作家具は打ち合わせや作成に時間がかかり、材料や人件費といったコストもかかってしまいます。

2つ目のデメリットは、家具を移動させられないことです。
作り付けの家具は壁に固定できて安全ですが、家具を移動したい場合には動かせないため注意が必要です。

□まとめ

今回は、造作家具について詳しく解説しました。
メリットとデメリットをしっかり把握して、既存か造作どちらの家具にするのかよく考えましょう。
注文住宅で何かお困りでしたら、ぜひ当社にご相談ください。

注文住宅をお考えの方へ!注文住宅のメリットとデメリットを紹介します!

「そろそろ新築住宅を検討し始めているが、注文住宅ってどうなのだろう。」
このようにお考えの方、今回の記事は必見です。
自由に設計できる注文住宅は魅力的ですが、どのような性質があるのかを知っておきたいですよね。
そこで今回は、注文住宅をお考えの方へ注文住宅のメリットとデメリットを紹介します。

□注文住宅のメリットとデメリットとは?

当然ですが注文住宅には魅力的なメリットと、知っておくべきデメリットがあります。
ここでは双方を2つずつ紹介します。

*注文住宅のメリットについて

1つ目のメリットは、好みの家具などを自由に選び、自分だけの家が作れることです。
注文住宅は間取りから家具までほぼ全てにおいて細かくこだわれるため、唯一無二の家を作れます。

2つ目のメリットは、建設の過程を確認できることです。
既存の住宅を購入する場合は建設過程を見られませんが、注文住宅は1からお客様の要望に応じて建設するため建設過程が見られます。
これによって、欠陥住宅などの心配がなくなりますね。

*注文住宅のデメリットについて

1つ目のデメリットは、入居までに時間がかかることです。
既存の住宅とは違って1から建設するため、どうしても建設期間は入居ができません。
そのため、今すぐに入居したい方は慎重に検討しましょう。

2つ目のデメリットは、予算をオーバーすることが多いことです。
1からこだわりを持って間取りや家具を決めるため、基本的に高い費用がかかってしまいます。

□注文住宅を建てる際の注意点とは?

ここでは、注文住宅を建てる際の注意点を3つご紹介します。

1つ目は、打ち合わせについてです。
打ち合わせは計画から引き渡しまでを行うため、ご自身の中にあるイメージを細かく伝えるようにしましょう。
イメージをしっかり共有できていないことで、完成後に何かが違うとはなりたくありませんよね。

2つ目は、建材の選択についてです。
住宅を建てる際に必須となる建材ですが、ものによってコストや性質が全く違ってくるので、よく考えて選ぶようにしましょう。

3つ目は、建設中にすべきことについてです。
メリットでもご紹介しましたが、注文住宅は建設過程を見られます。
そのため、定期的に確認に出向いて手抜きの箇所がないかなど確認すると良いでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅をお考えの方へ注文住宅のメリットとデメリットを紹介しました。
注文住宅の魅力や注意点を把握して、理想の住宅を実現させましょう。
当社はお客様の理想の住宅を実現しますので、ぜひお問い合わせください。

注文住宅を検討中の方!防音対策をしておきませんか?

小さいお子様がいらっしゃったり、ペットを飼っていらっしゃるご家庭は住宅の防音性が気になりますよね。
しかし、具体的に何をすればいいのかわからない方がほとんどかと思います。
そこで今回は、防音対策をする理由や方法をご紹介します。

□防音対策を行う理由とは?

防音対策をした方がいいと言われても、そこまで必要性がわからないといった方に向けて、まずはその理由をご紹介します。

まず騒音の1番の問題点は、生活のストレスになってしまうことです。
防音対策は外に音が漏れないようにするためだけではなく、外からの音を防ぐ効果もあります。
近くに道路や線路がある場合は特に、車両の騒音が聞こえて夜も眠れないということが起こる可能性があるため、しっかり対策をしておきましょうね。

そしてもちろん、住宅の騒音は近隣トラブルにつながります。
小さなお子様がいらっしゃったり、ペットを買っていらっしゃるご家庭は声や鳴き声、生活音が通常よりも外に漏れやすいです。
足音などは意外と周囲の家に響いているということもあります。
お子様やペットは音を抑えることが難しいため、住宅自体に防音対策を施すことが大切になってくるわけですね。

□防音対策の方法とは?

それでは防音対策を行う必要性がお分かりいただけたところで、具体的な方法を3つご紹介します。

1つ目は、気密・断熱性を高めることです。
気密性が高い壁は密閉性が高く、断熱性の高い壁は壁の中の断熱材が音を吸収してくれるため、非常に音が伝わりにくくなります。

2つ目は、間取りを工夫することです。
音がよく発生する部屋とリラックスするための部屋が近くに設置されないように間取りを考えると、音によるストレスを感じにくいです。
たとえば、水回りから寝室を離れさせることで、夜に家事をしていたらお子様が起きてしまったといったことを避けられますね。

3つ目は、住宅の部分ごとに対策をすることです。
音が響きやすい部分をピンポイントでの対策もできます。
たとえば、窓のような音が通り抜けやすい場所には、二重窓を採用することも検討しましょう。
採光問題がない程度に窓の大きさを小さめにすることで気密性をあげられる上、防音効果を高められますよ。

□まとめ

今回は、注文住宅を検討中の方へ、防音対策をする理由や方法をご紹介しました。
近隣の方々に迷惑をかけないよう、そしてご自身も快適に過ごすのためにも防音対策をしっかり行いましょうね。
注文住宅の防音についてもっと詳しく知った上で検討したいといった方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

注文住宅をお考えの方へ!収納を設ける際のポイントを解説します!

注文住宅をお考えの方に、ぜひ検討していただきたいのが収納です。
なぜなら、子育てをしていると知らず知らずのうちに物が溜まっていくからです。
そのため、収納を取り入れることはとても大切です。
そこで今回は、注文住宅をお考えの方へ、収納を設ける際のポイントを解説します。

□収納を設ける際のポイントとは?

物をしまうだけの場所について深く考える必要はないだろうと思われる方は多いでしょう。
しかし、収納は設置するポイントを押さえるだけで使いやすさが全く違ってきます。
ここでは、収納を設ける際のポイントを3つご紹介します。

1つ目は、壁面積を考えることです。
収納は多くの物が入るように奥行きが重視されがちです。
しかし、物が奥に入りすぎて取り出せないこともあるでしょう。
そのため、収納は壁面積で考えて物の取り出しやすさを意識すると良いです。

2つ目は、将来の生活を想定することです。
お子様の物をしまうために大型の収納を設けることがよくありますが、老後に物を整理する時に収納が大きいと大変です。
現在のことだけを考えるのではなく、長い期間を想定して収納を決めましょう。

3つ目は、家事動線を考慮することです。
家事動線を意識せずに収納を設けてしまうと家事の負担が大きくなってしまいます。
例えば、お子様が汚した床を掃除する時に掃除用具が玄関近くにあると取りにいくのが大変ですよね。

□収納の設置方法について

収納には様々な設置方法があります。
ここでは、主な収納の設置方法の実例を3つご紹介します。

1つ目は、全部屋に収納を設置するケースです。
全部屋に収納を設置することで、物のしまい方から動線を自分で考えられるため非常に便利です。

2つ目は、玄関と洗面脱衣所の間にファミリークロークを設置したケースです。
外から汚れて帰ってきたお子様が、汚れた格好で部屋を歩き回るといったことを防げます。
それにより、家事の負担が減らせるでしょう。

3つ目は、ベビーカーやアウトドア用品を収納できる大型シューズクロークを設置したケースです。
ベビーカーやアウトドア用品を玄関横のシューズクロークにしまえるようにすると、わざわざ重い物を家の奥に収納せずに済みます。

□まとめ

今回は、注文住宅をお考えの方へ、収納を設置する際のポイントを解説しました。
収納を設置するポイントや設置方法を押さえることで、生活がより快適になります。
他にも注文住宅の収納についてお困り事がございましたら、ぜひ当社にご相談ください。

注文住宅を検討中の方へ!子育てにおすすめの間取りをご紹介します!

注文住宅を検討する際に、1番に考えるのはやはり間取りですよね。
特に子育て世代の方は、間取りがお子様の安全や家事のしやすさなどに繋がってくるため、しっかり考えておきたいところです。
そこで今回は、子育てにおすすめの間取りをご紹介します。

□間取りを決める際に重要なこととは?

早速おすすめの間取りをお伝えしたいところですが、間取りを決める際には基本のルールがあるので、まずはそれを理解しておきましょう。
ここでは、間取りを決める際に重要なことを3つご紹介します。

1つ目は、家族で話し合い優先順位や生活動線を考えることです。
家族の立場によって優先したい部屋の基準が異なるため、よく話し合うことが大切です。
またこの時は、生活の動線を意識して話し合うことで、理想の間取りを実現できます。

2つ目は、周囲の環境を考えることです。
土地のどの部分が道路に面していて、どこから外部の視線が入りやすいかなどを考えましょう。
それにより、プライバシーを守れます。

3つ目は、土地全体と室内の配置を考えることです。
住宅を建てる時に全体を見て、どの位置にどの建物を建てるのかを決めましょう。
また全体を見下ろして、部屋の配置を決めることも大切です。

□子育てにおすすめの間取りとは?

それでは子育てにおすすめの間取りを3つご紹介します。

1つ目は、ウォークインシューズクロークの設置です。
玄関にこのような広い収納スペースを設けることで、靴が散らかりにくくなります。
また、家の中に汚れた外用のおもちゃを持ち込む必要がなくなります。

2つ目は、水回りをまとめた配置です。
洗濯室やトイレ、浴槽などを全て近くに設置してしまうことで、お子様が汚れた体で帰ってきてもすぐに洗濯をしてお風呂に入れられます。
さらに、余計な遠回りをしなくて済むため、家事の効率が格段に上がるでしょう。

3つ目は、コミュニケーションキッチンの設置です。
このキッチンを設置することで、食卓に座っているお子様を見ながら家事ができます。
さらに、アイランドキッチンのようにお子様がキッチン周りを走り回って危険だといった心配がなくなるためおすすめです。

□まとめ

今回は、子育てにおすすめの間取りをご紹介しました。
ウォークインシューズクロークを取り入れたり、水回りをまとめたりすることで、子育てがしやすい間取りを実現できます。
お子様にあった注文住宅の間取りがわからないといったお悩みがございましたら、ぜひ一度当社にご相談ください。

注文住宅をお考えの方へ!カーテンの決め方をご紹介!

「カーテンってどうやって決めたらいいんだろう」
「カーテンにどんな種類があるのか知りたい」

このような疑問をお持ちの方に向けて、注文住宅におけるカーテンの決め方や選び方について解説します。

□窓のサイズを正確に測定する

カーテンを決める上でまず最初にすべきことは、カーテンを取り付ける窓の大きさを正確に測定することです。
間取り図を見るだけでもよいですが、できれば直接建築の現場に行ってみて、実際の大きさや雰囲気がどんなものか肌で感じてみるのをおすすめします。

具体的には、窓とカーテンレールの大きさと長さを正確に測ります。
この過程を大雑把にしてしまうと、カーテンの裾の長さが足りずに光が漏れてしまったり、カーテンレールがエアコンや棚など他の家具に当たってしまったりします。

カーテンは頻繁に買い換えるようなものではないですから、快適な時間を長く過ごすためにも選ぶ際には慎重になりましょう。
もし注文後に生地を縫うタイプのカーテンだと、返品ができないことが多いです。
「せっかく買ったのにサイズが合わなかった」という事態にならないように、カーテンを選ぶ際には窓やカーテンレールの長さをきちんと事前に把握しておきましょう。

□カーテンの種類

カーテンと言っても、様々な種類があります。
どんな目的で、どんな雰囲気にしたいのかによって選ぶべきカーテンは変わります。
ここではカーテンの種類を3つご紹介します。

*ダブルカーテン

光を遮る厚手のカーテン(ドレープカーテン)と光を透すレースカーテンの2枚を組み合わせた、最も一般的なカーテンです。
2枚のカーテンを組み合わせて使うことから「ダブルカーテン」と呼ばれています。

ドレープカーテンは遮光性・断熱性・防音性に優れています。
また、ドレープカーテンの色によって部屋の雰囲気というのは大きく変化します。

たとえば、寝室や書斎など静かな環境をつくりたい際には暗めの色で防音性の高いドレープカーテンを選ぶとよいでしょう。
レースカーテンは、比較的薄いものから透明性が低いものまで様々です。

リビングを明るい雰囲気にしたい際には、レースカーテンのみを取り付けるという選択肢もあります。
ただ、あまりにも透明性が高いと、外から室内の様子が分かってしまうこともありますのでご注意ください。

*ロールスクリーンカーテン

ロールスクリーンカーテンは、上部でグルグルと巻き上げるタイプのカーテンです。
このカーテンの特徴は、収納性が優れているため他のカーテンと比べて開口部が大きい点です。
窓に設置できるのはもちろん、部屋と部屋の間に仕切りとして用いたり、客人に見られたくない場所に設置して目隠し用としても応用できたりします。

*ブラインドカーテン

複数の羽根を組み合わせるのがブラインドカーテンです。
ブラインドカーテンでは、他のカーテンとは異なり木材を使用できます。

個人の注文住宅で取り入れる場合、モダンでオシャレな雰囲気を出せます。
横向きの羽根が繋がったブラインドカーテンが一般的ですが、縦型のブラインドカーテンも存在します。
他のカーテンと比べて、遮光性・断熱性・防音性は低い点に注意です。

□まとめ

今回は、カーテンの決め方や選び方について解説しました。
窓の向きや大きさを踏まえて適切なカーテンを選ぶのは難しいですよね。
当社では、自然素材を活かした注文住宅を取り扱っております。
自然素材の住宅にご興味をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

快適な注文住宅にするために!窓の決め方をご紹介!

快適な住まいを実現する上で、窓は欠かせないアイテムです。
しかし、間取りや内装はしっかり考えているけど窓まであまり考えていないという方も多いでしょう。
また、窓には様々な種類があるため決め方が分からないという声もよく聞きます。
そこで今回は快適な注文住宅にするための窓の決め方について詳しく解説します。

□快適な住まいにするための窓づくり

*窓の役割と重要性

窓がない家を想像したことはありますか。
家に窓がないと、室内と外とが完全に遮断されて、閉塞感に苛まれることになります。
家に窓があると、新鮮な空気と光を取り入れられますよね。
つまり、窓をつけることで過ごしやすい空間を作ることができるのです。

*窓の数の決め方とは

窓の数の決め方は、過不足なく窓を設置できているかを意識して行うようにしましょう。
窓は空気を入れ替えるという役割があるため、最低2個以上の設置が望ましいです。

しかし、窓を増やしすぎても問題が生じてしまいます。
例えば、暑さ・寒さなどがしのげず冷暖房費用が高くなったり、窓と家具とが重なると掃除が大変になったりします。
また、花粉やウイルスが家の中に入りやすいなどの問題も生じるでしょう。

*窓の位置と大きさの目安

窓の位置と大きさは、採光と風通しをメインに考えると良いでしょう。
具体的には、風が通り抜けやすいように対角に設置するというアイデアがあります。
向かい合わせに設置することで、太陽の移動に合わせて光を取り入れることもできます。

□最上階に小窓をつけましょう!

敷地の有効活用のために、屋根裏部屋の一種であるロフトをお考えの方も多いのではないでしょうか。
しかし、ロフトは直射日光の影響を受けやすいです。
そのため、夏場に使用する場合は断熱と通風を考慮して、南に大きな窓を、北に小窓を設置するなどして、対策する必要があります。

吹き抜け上部に窓をつけるという案もあるでしょう。
通風に加え採光も行えます。
しかし、間取りの関係で最上階に窓を設置できない場合もあるかもしれません。
その場合は、トップライトの設置を検討してみましょう。

トップライトとは採光用に取り付けられた天窓のことです。
トップライトをつけることでいつでも自然な風を感じられ、快適に過ごせるようになります。

□まとめ

今回は、注文住宅の窓の決め方について解説しました。
窓は、暮らしていくうえで必要不可欠なものですので、部屋に風と光が良く入るように上手に設置しましょう。
当社は、健康にこだわる自然素材の住まいづくりを行っています。
玉名郡周辺の皆さま、どうぞお気軽にご相談ください。

浴室の広さはどのくらい?注文住宅をお考えの方は注目です!

「注文住宅で、浴室の広さってどうすればいいんだろう」
「浴室選びって何が重要なのかな」

という疑問や悩みをお持ちの方に向けて、注文住宅における浴室選びのポイントについて解説します。
本記事をご覧いただくことで、浴室とは必ずしも広ければ広いほど良いわけではないということがお分かりいただけるでしょう。

□1坪の浴室を選ぶ理由

*戸建て用の浴室は開放感があるため

戸建て用の浴室といえば、マンションやアパートの浴室と比べて広く解放的なイメージがあるかもしれません。
しかし、マンションやアパートにある1坪の浴室と、戸建てで同じ1坪サイズの浴室の大きさはほとんど同じです。
とはいえ、同じサイズといっても戸建ての浴室のほうが大きく感じますよね。

これは、戸建ての浴室の天井が高いからです。
このため、戸建ての1坪の浴室には開放感があるのです。

*清掃などの手入れが楽なため

浴室は広ければ広いほどいいというわけでもありません。
なぜなら、浴室が広いとその分だけ清掃の手間がかかるからです。
たとえば、1坪サイズの浴室と1.25坪サイズの浴室とでは、清掃の手間が異なります。

基本的に浴室は毎日使うものですから、清掃も頻繁に行いますよね。
そうなると、大きすぎる浴室は、清掃の際にストレスとなります。
そのため、入浴時の開放感と清掃のしやすさの2点を踏まえたときに、1坪サイズの浴室がちょうどよいバランスということになるのです。

浴室の広さについては、ぜひ清掃の観点からもご検討ください。

□重要なのは綺麗な状態を維持すること

浴室選びにおいて満足度を高くするコツは、清掃がしやすくカビが生えにくい浴槽や壁にすることです。

もちろん入浴時の快適さも重要ですが、そもそも綺麗な状態を維持できなければ気持ちよく入浴することはできません。
そして、綺麗な状態を維持するには、清掃がしやすく、手すりなどの持ち手にも配慮された浴室を選ぶのがおすすめです。

予算の節約を意識しすぎてあまりに小さすぎる浴室にしてしまっては、いつか後悔するかもしれませんし、逆に広すぎる浴室では水道代などの管理費がかさみます。

大切なのは、どれくらいの大きさの浴室ならば快適さと清掃のしやすさを両立できるのかと考えることです。

□まとめ

注文住宅における浴室選びのコツや考え方についてご紹介しました。
浴室は、長い間使い続けることになる場所ですから、選ぶ際には慎重になる必要がありますよね。
家の浴室をどうすればいいのか分からないという方は、創業80年近くの老舗の工務店である当社にお気軽にご相談ください。

注文住宅をお考えの方は必見!ワークスペースを設けるメリットをご紹介!

ワークスペースに対してどのような印象をお持ちでしょうか。

恐らく多くの方が「あると便利だが、なくても構わないもの」というイメージを抱いているのではないでしょうか。
そこで今回は、「ワークスペースって必要なのかな」という疑問をお持ちの方に向けて、ワークスペースを設けるメリットについて解説します。

□ワークスペースを設けるメリット

ワークスペースを設けるメリットは、以下の3点です。

・テレワークや在宅勤務などで集中できること
・プライバシーを確保できること
・気持ちにメリハリをつけられること

近年、テレワークの環境で仕事をされる方が増えています。
そんな時、ワークスペースがなければ家族がいる場所で作業をする必要がありますよね。
たとえば、仕事での通話の際に周囲の音声が入ってしまうと自分が仕事に集中できないのはもちろん、通話相手にも迷惑をかけてしまうかもしれません。

また、家族とずっと同じ部屋にいるのは少し疲れてしまいますよね。
そんな時に自分だけのワークスペースや書斎があれば、周囲に気を遣わずにプライベートに集中し、家族と程よい距離感を保ちつつ一人の時間を過ごせます。

気持ちの切り替えができるのもワークスペースの魅力です。
「この部屋に入ったら集中して仕事をする」という風に決めておけば、自然とルーティーン化できるでしょう。
作業効率が上がれば、同じ仕事もより短い時間で終わりますよね。

作業のしやすさが少し違うだけでも、長期間使い続けることでワークスペースがない時と比べて得られる成果は雲泥の差になります。

□快適なワークスペースをつくる方法

次に、快適なワークスペースをつくる上で、押さえておきたいポイントを3つご紹介します。

*用途を明確にしておく

ワークスペースをつくる際には、誰がどのようにその空間を使うのかをはっきりとさせておくと良いでしょう。

自分が仕事にがっつり集中するための部屋にするのか、それとも家事と家事の合間に軽く作業を進める部屋にするのか、それとも家族の気配を感じながら趣味を楽しむ場所にするのか。
ワークスペースをどのような場所にするのかは人それぞれですが、どんな風に使うのかを事前に決めておくと無駄なスペースにならずに済みます。

ワークスペースと言っても、実は様々なタイプがあります。

具体的には、周囲から完全に隔離された個室タイプ、入ったり出たりがしやすいオープンタイプ、扉は設置しないもののオープンタイプよりは隔たりがある半個室タイプです。
周囲との距離感を考えて、自分にとってあるいは家族にとってどのタイプのワークスペースが適切かを検討すると良いでしょう。

*収納を充実させる

ワークスペースの収納場所を十分に確保しておくことで、ものやゴミが散らかりにくい空間になります。
書類やパソコン器具を多く設置する予定の人ならば、収納空間は大きめに確保しておきましょう。

*コンセントをどうするか

コンセントについては、数や位置によってパソコンやプリンターなどの動線が大きく変わるものなので、あらかじめどれくらいの数のコンセントをどこに設置するのかを決めておく必要があります。

コンセントを実際に設置した後に「もっとこうしておけばよかった」と後悔しないように、どこに机を置く予定で、パソコンの向きをどうしたいのかなどと具体的なイメージを膨らませておきコンセントによるストレスを軽減しましょう。

□まとめ

注文住宅を建てる際にワークスペースや書斎を設けるメリットについてご紹介しました。
たしかに、ワークスペースは住宅に必須のスペースではありませんが、仕事の効率を上げてくれるものです。
書斎やワークスペースの設置に興味をお持ちの方は、ぜひ創業から80年近い実績のある老舗の当社にお任せください。

おしゃれな外観にするには?注文住宅の外観が決まる要素をご紹介!

「おしゃれに注文住宅の外観が決めたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そんな時は、家の形状・窓・外壁にこだわって外観にメリハリをつけると良いでしょう。
そこで今回は、おしゃれに注文住宅の外観が決めるにはどうすれば良いのかご紹介します。

□外観が決まるポイントとは

注文住宅とは、 オーダーメイドの住宅です。
既に完成された住宅を選ぶより、満足度の高い住宅の建て方として注目を集めています。
今回は、おしゃれな注文住宅を建てるにはどうしたらよいのかを、家の形状・窓・外壁ごとのポイントに分けて解説していきます。

*家の形状を選ぶポイント

家の形状は、四角型の二階建てといった単純な形をベースに、自分でこだわりたい部分を決めていくと良いでしょう。
基本的な形を選ぶことで、耐震性や耐熱性が優れているだけでなく、お値段も抑えられます。
そして、その形に自分のこだわりをつけ加えることで、おしゃれな住宅を建てられます。
基本的な形から自分のこだわりを付け加えていくことが家の形状を選ぶ際のポイントです。

*窓を選ぶポイントと配置

窓の配置や窓の種類について分からない方も多いでしょう。
ここでは窓の種類を2つ紹介します。

例えば、横すべり窓は窓の下を押して開閉する窓です。
窓を開けて換気はしたいけど外からは見られたくない、トイレやお風呂などに最適です。

他には、FIX窓があります。
FIX窓は開閉できない窓のことです。
そのため、お子さんがいても安心してつけられます。

FIX窓をつけることで、光を取り入れた明るいお家にすることが可能です。
FIX窓をつければ、空き巣を狙った盗難を防げるため、家族でお住まいの方にはFIX窓をつけることをおすすめします。

*外壁を選ぶポイント

ネイビー・ブラウン・ブラック・グレー・ホワイトなどの落ち着いたカラーが家の外壁としておすすめです。
これらのカラーを使うことで、外観に高級感と落ち着きをもたらし、おしゃれにできます。
おしゃれさと、周囲の景観とのバランスを考えて外壁を選びましょう。

□住まいの外観を大きく見せるコツとは

外観を大きく見せるコツは、家にメリハリをつけることです。
上手にメリハリをつけることで、外観をおしゃれに大きく見せれます。
例えば、一階と二階で大きさを分けたり、窓やベランダの配置を工夫したりすると良いでしょう。

□まとめ

今回は、おしゃれな注文住宅の外観を決めるにはどうすれば良いのかご紹介してきました。
外観は、家の形状・窓・カラーの選び方にこだわることでおしゃれになります。
当社は、創業80年近くの老舗です。
何かお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。